カテゴリー別アーカイブ: サーバ

nasneとChinachu βで録画予約情報を同期する。

この記事は DTV Advent Calendar 2016 18日目の記事です。

※以下の記事はChinachu βを対象としています。γへのアップデート後に動かないことを確認しましたので、あくまで参考としてください。

PCでDTVを楽しんでいるみなさん、いかがお過ごしでしょうか。私はChinachuを使いこなしたいと思うばかりの日々を過ごしております。

ところでみなさん、録画予約はどのように行っていますか?私は4半期ごとに(!)キーワードを登録したり、たまにWUIからポチポチと予約を入れていました。
nasne好きな私としては、主としてnasneで録画予約をしているので、それをChinachuでも録画予約するというのは面倒でつい忘れてしまいます。録画環境が複数あると、管理がめんどくさくなるんです。

nasne好きだけど、Chinachuも使いこなしたい。その想いから「録画予約情報を同期」という遊びに至りました。

nasneにはHTTPで通信できるJSON APIが存在しますし、Chinachuにも普通にJSON APIがありますので、それらを使えばアレコレ実現できそうです。
以下のようなスクリプトで、nasneに入っている録画予約情報をChinachuへ登録することができました。cronなどで定期実行することを想定しています。

これを利用することで、nasneにCHAN-TORUやtorne mobileなどから予約を入れておけば、外出中でも簡単にChinachuへの録画予約まで済ませられるんです!ちなみに我が家はBS/CSが映らないため、BS/CS対応はありません。

Chinachu側の番組表に見つからなかったもの(=放送予定なしや、番組表未更新によるもの)は同期されていませんが、それ以外は「手動」扱いでちゃんと予約されています。
synced-reserves

自分用のスクリプトでは、逆方向のChinachuからnasneへの同期にも対応しているのですが、いろいろと値が決め打ちの箇所があるため、今回は晒しません。良い感じのスクリプトが書けたら、あらためて公開するでしょう。これがあると、Chinachuを介してnasneでキーワード録画ができますね。

EpgTimerを使っていた頃にも、Reserve.txtに同期するスクリプトを動かしていましたが、Chinachuに移行してみて、JSONのAPIがあるとやはり扱いが楽で良いですね。APIを使って、快適録画ライフを送りましょう!

DTV Advent Calendar 2016 19日目、明日は @ryoi_ さんです。

QNAP Turbo NAS TS-120/TS-220にOpenSSHをインストールした。

QNAPのNASにはApp Centerというアプリストアがあり、そこからたくさんのアプリをインストール可能ですが、qpkgファイルを使って手動でインストールすることも可能です。

従来、QNAP NASにOpenSSHをインストールしようとすると、パッケージ管理システムのOptware IPKGのqpkgファイルをインストールし、ipkgコマンドを使えるようにする必要があったらしいのですが、どうやら今はOptware IPKGが非推奨となったそうで、必要なファイルが見つかりませんでした。
そのため、以下のWikiの情報は既に古いようでした。
http://wiki.qnap.com/wiki/Install_Optware_IPKG

じゃあどうするのか。どうやら今はQnapwareという、パッケージ管理システムを使うようです。
http://forum.qnap.com/viewtopic.php?f=320&t=100843
http://forum.qnap.com/viewtopic.php?f=11&t=70425
上記の手順に沿って作業します。

続きを読む

OpenWrt Chaos Calmer 15.05-rc1

https://openwrt.org/

OpenWrtの最新版、Chaos Calmer 15.05のRC1が公開されましたので、今回もBHR-4GRVにWZR-HP-G450H用OpenWrtをインストールしました。

使用したファイルは以下のもの。
https://downloads.openwrt.org/chaos_calmer/15.05-rc1/ar71xx/generic/
> openwrt-15.05-rc1-ar71xx-generic-wzr-hp-g450h-squashfs-tftp.bin
今回から、ファイル名にOpenWrtのバージョンがつくようになったんですね。分かりやすくて助かります。

さて、今回のRC1では、Known Issuesが二つ書かれています。どちらもopkgにかかわる箇所ですので、早々に修正しておきます。

続きを読む

ASUS RT-N66UがAndroid USBテザリングとOpenVPNに対応してた。

一万円ちょっとする、11n対応のルーター ASUS RT-N66U が、いつの間にやらAndroidのUSBテザリングとOpenVPNに対応していました。と、前ポストと同様の書き出し。

おそらくどちらもアップデートでの対応で、初期は対応していなかったのだと思います。

続きを読む

NETGEAR GS116EがWeb GUIに対応してた。

一万円ちょっとで買える、VLAN対応の16ポートスイッチ NETGEAR GS116E が、いつの間にやらWeb GUIに対応し、Windows以外でもブラウザを使って設定変更できるようになっていました。

同社のProSafe Plusシリーズのスイッチには、以前からVLANやQoS、ポートミラーリングなどの機能が備わっており、安価なスイッチの中では人気があったように思います。ただ、多くのレビューでは、その欠点として「設定はWindowsアプリケーションからのみ」という制限が挙げられていました。

GS116Ev2/JGS516PE Firmware Version 2.0.1.8
http://kb.netgear.com/app/answers/detail/a_id/24472

しかし、1月のファームウェアアップデートによって、16ポートのGS116Eにおいて、Web GUIのサポートが追加されています。8ポートのGS108Eには同機能を含むアップデートは(今のところ)ないようです。もうすぐ国内販売が開始されるGS105Eにもないでしょう。

残念ながらTelnetやSSHでの接続には対応していないのですが、これでひとまずWindows縛りは緩くなったでしょう。購入時にはこのファームウェアは入っていないと思われるため、初回アップデート時にはWindowsが必要です。

以下、いくつかスクリーンショット。

続きを読む

VMware ESXi (断念編)。

断念編 とつけましたが、その続きがあるかどうかはわかりません。
正直、諦めてしまうような気がしますが・・・?

サーバの仮想化を行おうとして、断念したお話。
ちなみにサーバは、Intel D945GCLFとか、メモリ2GBとか、HDD 250GBとか、そんな程度のもの。

続きを読む

ロングIPアドレス。

何年もIPアドレスという言葉を耳にしながら、最近初めて知った言葉、「ロングIPアドレス」。
IPアドレスの表記に、数値4つをドットで区切ったもの(8ビット4つ)以外にあるとは、まったく知らなかった。

例えばGoogle.co.jp(のIPアドレスの1つ)。
http://66.249.89.99/ => http://1123637603/
こんな表記のIPアドレスで接続ができる。
数値だけの表記なので、ケータイのブラウザなどに打ち込む際に便利かなと思いきや、ケータイでのこの表記への対応度はいまいちのようである。残念。

さらに悪いことに、Apacheではこの表記のHost:ヘッダがつけられたリクエストにはBad requestと応答する。
どうやら、完全に数値だけのホスト名を不正と判断しているようだ。

IEだとこの表記のアドレスを打ち込むと、接続時に通常のIPアドレスに書き換えてからリクエストを出してくれるようだ。で、常用しているFirefoxでは、そのままリクエストが送られる。

この表記は普段はあまり使われるものではなく、URLの偽装(判別の回避)に用いられることが多いようだ。
現に、今少し騒ぎになりつつあるサイトハック系のウィルス?は、このタイプのIPアドレスを利用する。

さらには
http://0x42F95963/
と、16進数表記もできるようである。
調子に乗って書いてみると、
http://010276254543/
という8進数表記もあるようだ。

面白い、かつ実用面でもよさそうだっただけに、対応度が高くないのが残念。

Windows Live Sync。

今回はWindows Live Syncについて。

前回はDropboxについてだったけども、Dropboxでは容量の上限、通信速度から、扱える(扱おうと思える)データに限りがある。
軽いファイル(テキストなど)がメインならばかなり便利なサービスだろうが、動画ファイルや音楽ファイルなどの大容量データを扱うのには適していないように思える。
テキストファイルなどは修正をすることが多いのに対し、動画や音楽ファイルは修正ではなく、新規追加していくことが多いと思われる。そうなると、やはり通信速度も重要になってくるだろう。

Windows Live Syncは、Dropboxでは扱えないようなファイルの同期に使用することにする。

続きを読む