Atom鯖復活。

っぽい。

数日間立ち上げて様子を見ていた和歌山のAtom鯖ですが、どうやら安定しているようです。
毎日ちゃんと定時に再起動してくれてるみたいだし、これなら続けて運用できそうに思います。

神戸VAIO鯖(K)から和歌山Atom鯖(W)への転送にはOpenVPNを使ってみました。
WのOpenVPNをサーバモードで、Kはクライアントモードで行いました。
一度両方のApacheサービスを停止させてから、共有フォルダを使い、BunBackupによる同期を行いました。
同期が完了したら再びApacheサービスを開始し、MySQLのデータ移行、MovableTypeの設定を変更して完了。意外と簡単な作業でした。(もう少し時間がかかると思っていた。

ついでに、今日はXPの電話でのライセンス認証を済ませた。

msoobe_err msoobe_tel
まず電話をかけると、どの製品についての問い合わせなのかをボタン操作で選ぶ。Windowsについては2だったかな・・・。数年前にもやったことがあるはずなのだが、こんなんだったっけなぁ と今さら思う。
ちなみに機械による応答である。

その後ははっきり覚えてないが、途中でインストールIDとやらを入力していった。6桁×9ブロック=54桁もの数字を携帯に打ち込んでいく。途中入力をミスしても、ミスしたブロックからやりなおしがきくようだ。入力している一桁づつ向こうではチェックされているようで、間違った番号を入れたとたんにそのブロックの再入力となった。

入力が終わると、再インストールについて聞かれる。
前回インストールしたPCと同PCか、違うか。同じなら1、違うなら2を押せとのこと。
2を押すと・・・いよいよオペレータとの対決である。(違

なんと・・・なんと今回も男であった!!!(何
口頭で再びインストールIDを伝える。なんだ、さっきの入力はなんだったんだ。

どのバージョンを買ったかなども聞かれた。
WindowsXPProfessionalだと答えると、パッケージが手元にあるかと聞かれた。ないけど、写真ならあるので待ってといってBlogに貼り付けた画像を見ながら回答。パッケージの色を聞かれて、ダンボールだの、ディスクにはMicrosoft Licensingと書いてるだの答えるとOKが出た。(ちなみに大学でサイトライセンスにて購入したと言っても伝わらなかった。
ボリュームライセンスにあたるのかな、これは。

あとは複数台同時インストールしていないかなどの確認だけ。

確認IDの多いこと・・・。桁多すぎていやになる。Aのブロック6桁、Bのブロック(ry と分けて言ってくれた。そういうための区切りか。なるほど。

これで見事使用可能となり、Atom鯖が始動したわけだな。
やっと やね。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。