ロングIPアドレス。

何年もIPアドレスという言葉を耳にしながら、最近初めて知った言葉、「ロングIPアドレス」。
IPアドレスの表記に、数値4つをドットで区切ったもの(8ビット4つ)以外にあるとは、まったく知らなかった。

例えばGoogle.co.jp(のIPアドレスの1つ)。
http://66.249.89.99/ => http://1123637603/
こんな表記のIPアドレスで接続ができる。
数値だけの表記なので、ケータイのブラウザなどに打ち込む際に便利かなと思いきや、ケータイでのこの表記への対応度はいまいちのようである。残念。

さらに悪いことに、Apacheではこの表記のHost:ヘッダがつけられたリクエストにはBad requestと応答する。
どうやら、完全に数値だけのホスト名を不正と判断しているようだ。

IEだとこの表記のアドレスを打ち込むと、接続時に通常のIPアドレスに書き換えてからリクエストを出してくれるようだ。で、常用しているFirefoxでは、そのままリクエストが送られる。

この表記は普段はあまり使われるものではなく、URLの偽装(判別の回避)に用いられることが多いようだ。
現に、今少し騒ぎになりつつあるサイトハック系のウィルス?は、このタイプのIPアドレスを利用する。

さらには
http://0x42F95963/
と、16進数表記もできるようである。
調子に乗って書いてみると、
http://010276254543/
という8進数表記もあるようだ。

面白い、かつ実用面でもよさそうだっただけに、対応度が高くないのが残念。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。