BUFFALO WHR2-G54/P。

神戸に行くついでに(?)、Sofmapで中古を眺めてたら発見。

Sofmapの中古って、なんであんなに入れ替わりが激しいのだろう。買う人も売る人もたくさんいるということか。

とにかく、神戸側の環境も整えることに。

CA320082
BUFFALO WHR2-G54/P。2280円@Sofmap

DD-WRTやTomatoをインストール可能な機種のリストをケータイに保存してあるので、それと見比べて買うのみ。といっても、商品見たらだいたい使えるかどうか分かったりもするのだけど。

備考欄に「外装に目立つ変色あり、LANケーブル欠品」と書かれていた。LANケーブルはまぁなくてもいいけども、目立つ変色というのが気分的によろしくない。レジで中身のチェックをさせてもらったが、しっかり日焼けしていた・・・。(上の画像を見て、「光の加減かな?」と思うかもしれないところは実際に焼けてしまってるところだ。見間違いではない。
見事に黄色くなってしまっていたが、傷などはあまりなかったので、雑な扱いをしていたわけではないと判断。そのまま購入した。ま、ルーターなんて一度設置してしまえば放置なんだし、傷がつくこともないか・・・。

ただ、無線LANカード(WLI-CB-G54)の外部アンテナ端子のカバーが外れていた。一度外れてしまえば、そのままなくすこと必至なほど小さなカバーなのだ。別に必要なものでもないので、気にしないことにする。

値段がこれだけ安ければ、文句は言えない。むしろ焼けてたせいで安く値段が設定されていたとすると、感謝しなくちゃいけないほどだ。

tftpでファームウェアを流し込もうとするが、何度やっても失敗した。
ファームウェアのファイルにヘッダをつけ、設定画面からファームウェアの書き換えを行い、Tomato化。
無事立ちあがってきた。最初はなぜかDIAGランプが点滅しっぱなしだったが、今は消えている。なんだったのだろう。
それに、電源の接触が若干悪い気がする。電源断→再起動になってしまうときがある。触らないようにしよう・・・。

WHR-HP-G54と違い、RAMが64MBとなっている。WHR-HP-G54では16MBしかないのだ。
VPNサーバを動かすと、とたんにメモリが足りなくなってくる。ま、ルーターでVPNサーバを動かすべきか という疑問もあるのだが。PCとルーターじゃ、VPNのパフォーマンスに雲泥の差がある と言っても過言ではないはず。
できればゼロスピンドルPCを作り、それをサーバにしておきたいところだ。(EeePC 701 SD-Xが2万円で売ってたりするし、DNRH-001のHDDをCFやSSDにするのもありかな。)

これでもう言うことなしだと思いきや、ルーターを変えてもたいして速度に差は出なかった。
VDSL自体があまり速くなく、頭打ちになるのだろう。よろしくないなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。