HTC TyTN。

初TyTN。とは言ってもSoftbank X01HT。

父さんが買ったものであり、自分のものではない。
だけどまぁ、父さんが使うとき以外はいじってていいのかな。

CA320002

ヤフオクで約2万で購入。流石TyTN、まだまだお高い。
X01HTはもともとWM5だけど、WM6Proに書き換え済みのものを落札。
どうやら「Schap_s_WM6_Pro_4.00_ROMs_JPN」というROMを使っている模様。
なかなか使い勝手のよいソフト構成で、自分がいじる必要も特になさそう。

スペイン旅行までに手に入れることができればよかったのだけど、そのときはLogitecのSkypeフォンを使うことになった。
旅行先のホテルでは無線LANが使用可能であったようだけど、どうやらブラウザでの認証を行うタイプ(つまりFONみたいなもの)だったので、Skypeフォンは使えなかったとのこと。料金払ってIDとPASSもらったみたいなんだけどね。もったいないことをしてしまった。

そこで次はブラウザもついてるやつを使おうということになり、それならWM機がいいんでない?ということ、さらにSIMロックフリーならなおよしということでX01HTを買うことに。
一応そういう目的だったけど、SIMロックフリー化されてないであろうものを買ったのはなぜだろうね。知識ないからよく分からないのだけど、おそらくSIMロックフリー化されてないはず。(ただ、設定にSoftbankとDoCoMoを選択する項目があった。この2つにおいては自由に切り替えて使えるのかも?

とりあえず届いてからはSkypeのインストール。
WM用Skypeの最新版はX01HTでは動かないそうなので、動くバージョンを探すのに手間取ったが、「Skype社に事前に連絡とったけど、許可とも不許可とも返ってこなかったからとりあえずおいときますね」ということで旧バージョンのSkypeを公開してくれているページがあった。
そいつをX01HTと、X01Tの両方にインストールしておいた。ちょっと試してみたところ、ちゃんと音声会話も文字会話も機能しているようだ。
ただ、X01HT、X01T共に音声が背面スピーカーから出力されるという点はどうしようもないみたい。W-ZERO3[es]ならChgSndOut.exeというファイルを実行すると受話用スピーカと切り替えができるようだけど、X01HTやX01Tに流用しても使えない模様。
イヤホンつなぐしかないかなぁ。ま、周りに聞こえていいならそのままでも使えるのだけど。

 

以下サーバ不具合について。

CA320001
Atomサーバが最近固まる。
だいたい1日置いておくと固まるようだ。東京旅行中に固まった。数日間アクセス不能だったときがあったと思うが、出先なのでどうしようもなかったのだ。(まぁ、家の誰かにリセットを頼めばいいんだけど。(一度頼んだけど。
どうやら最近HDDを換えたのが悪さをしている気がする。250GBのHDDをIDEからSATAに換えたのだけど、そのときからブルースクリーンが起こるようになったような・・・。
ということで、普段はC: 40GB IDE、D: 250GB SATA だったのだが、今はCドライブオンリーで動かしている。当然入りきらないデータ(音楽や写真)も多くあったけど、他のPCにバックアップがいきわたっているので放置。

まだ数日しか稼動していないが、今のところ固まってはいない。
もう少し様子を見て、固まらないようであればIDEに戻すことにする。SATAのほうはディスクのテストツールを使って耐久テストをし、不具合が見つかるようであれば店に持ち込むことにする。(BEST DOにて新品で購入したので確か6ヶ月の保証があったはず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。