ポケモンプレゼントキャンペーン。

最近、キリスト教(キリ教)という文字を打つことが増え、「今日」と変換されないことが増えました。なんとも悔しいです。。

 

さて、今日は2つテストがあり、一つはキリ教、もう一つは英語Readingでした。
キリ教に関しては人生初の持ち込みアリかも。ノートを持ち込んでいいなんて。。。

英語に関しては、あまりにも勉強してなさすぎてどうなるか不安だったのですが、なんか簡単なような・・・。成績が分かるまではどうとも言いにくいのですが、高校時代のあの理不尽な量に比べるとあまりにも少なかったです。
単語の意味を覚えておかないとやばいかなと思っていたのですが、「以下の単語を和訳(英訳)しろ」などはありませんでした。それよりも、「以下の意味をもつ単語を本文中から抜き出せ」とかいう生温いものがありました。つまりは 少し難しいかな と思う単語は、ほぼ例外なく問題にされているものです。

 

以下本題。なぜ追記に本題・・・。

前置きが長くなりました。そもそも前置きではない気がしますが、それは気にしません。

そのテストの帰り、本屋にでも寄ってPC関連の情報収集でもしてこようとダイエーに行ったのですが、ゲーム売り場あたりにやたらと親子がいるんです。並んでいるんです。
何事かと思いきや、どうやらポケモンプレゼントがあったようで。映画の前売り券を買えば、ポケモンがプレゼントされるというもの。
http://www.pokemon.co.jp/anime/movie/regigigas_present.html
今まで(GB時代)のポケモンプレゼントと言えば、カートリッジを送付するなり、専用の書き換え機に自分のカートリッジを差し込んで書き換えていたはずです。
しかしDSにはスロットが2つあります。DSカード用と、GBAカートリッジ用です。
どうやらGBAスロットに専用カートリッジを差し込んで、そのあと起動すると書き換えが行われるようです。(GBA、DSのどちらのスロットから起動しているのかは分かりませんでした。

ユーザーはDS本体とポケモンのDSカードを店頭に持ち込めば、店員さんが勝手にやってくれる と。
なるほどと思ったわけですよ。任天堂側としては書き換え用のGBAカートリッジを小売店に配布すればよく、その場で書き換えを行うことができます。
ついでに、、店員さんはそのGBAカートリッジにネックストラップをつけて首にかけてました。盗まれませんね、これなら。

かつて梅田のポケモンセンターに赴き、カウンターの”おとなのおねえさん”にカートリッジを渡して書き換えてもらっていたのが懐かしいです。

今ならDSステーションなどを利用してもいけるんだろうなぁ。壁に埋まってしまったときはDSステーションで配信されてるデータを受け取ると抜け出せたらしいし。

うーん、面白い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。