Bandwith Monitoring。

DD-WRTをインストールして、これは良いと思った機能にBandwithMonitoringがある。
現在の通信状況を可視化してくれるのだ。

それを眺めていると、無線LANがどれだけの速度で通信できているのか分かって便利だったり。

ほんのさっきまで、メインPCの無線子機にはWLI-U2-KG54を使っていた。PCカードタイプを使うのが一番だと思っているが、
PCカードの差し込み口はPC背面、しかもPCIスロットの中段あたりなのだ。PCカードタイプを使うと、
そのカードの上にディスプレイケーブルやら電源ケーブルやらが通って使い物にならなかったのだ。(ノイズ受けちゃうってこと。

しかたなく本体から数メートル離してUSBタイプを使っていたのだが、
神戸に移ってからつけようと思っていたHighPowerモデル、WLI-CB-G54HPを試しにつけてみた。
それでまた通信速度を見てみれば、その差を見れるだろうと。

bwview
今までUSBタイプでは4Mbps前後で非常に安定していたものが、こう変わった。やはりノイズの影響からか、上下が激しい。
安定していない。だけども、平均的に見ると明らかに速度は上がっている。
ちなみにこの通信はメインPCから自鯖に対してファイルをコピーしているところだ。

これで速度があがってよかった と終わればいいのだが、不安定すぎる。
さっきのグラフはブラウザ上でリアルタイムに表示されていくのだが、モニタリングしているときにもその通信でさえつっかかりを感じる。
これは・・・。

外部アンテナをつけたくなってきたが、ここにいるのもあと少しだろうし、そんな無駄な出費はガマンすべきか。ううむ・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。