ロケフリ。

020070726_00091.jpg
LocationFree買っちゃいました。
ロケフリってのはPSPやPC、WindowsMobile端末からTVを見よう!というもの。
ヤマダで売ってるか聞いてみたら在庫なくて取り寄せ、しかも定価(3万2800円だったかな)で販売とか。
Amazonだと6000円くらい安いのでそっちで購入。
020070726_00092.jpg
これ専用のWindows用プレイヤーソフトは1780円とか。金取りすぎw
正直体験版で我慢しようかと思ったけどどうせならってことでこっちも購入。
アンテナ線が足りなくなったので分配器をヤマダで購入。あとロケフリにコード繋げてたらS端子コードが足りなくなったのでこれも購入。

020070726_00093.jpg
名付けて「FALんちのオベリスク」!(参考>http://www.yozemi.ac.jp/oshirase/obelisk/obelisk.html

ま、そんな冗談はおいといてと。
横に並んで立ってるのはMediaWizPlusってもので、専用サーバソフトを入れたPC内の動画、音楽などを再生可能。DivX+MP3あたりのaviなら余裕で再生可能なのでなかなか。
ロケフリには外部入力端子が(2つも)あるので、MediaWizPlusをロケフリに接続済み。
つまりはサーバ内の動画をPSPで見れると。しかもネット経由もOKとなるとウハウハ。外出することがどれだけあるかは気にしないでおくとする。

020070726_00095.jpg
とりあえずサーバ内にあったKanon。
右の部分はリモコン操作パネル。本体に学習リモコン機能がついてて、実際のリモコンのコードを記憶させ、それをロケフリ本体から発信できるようにすることでPSPからリモコン操作も可能!ただ、リアルタイムでエンコードして配信してるので映像にタイムラグがあって、2秒ほどずれてしまうのは仕方ないことであったり。
んでその学習リモコン機能を使うにあたって、学習させるときはPCからでないと学習機能が利用できない。PCで学習させてやるとそのデータがファイルに保存されるので、それをPSPのメモリースティックにコピーしてやるとPSPからも学習リモコン機能が使える。

020070726_00094.jpg
TVはこんな感じで。ロケフリからPSPへはQVGA(320×240)のAVC動画が送られているので、PSPフルスクリーンで再生するとちょっとボケてしまう。ちっさい画面で見るのだから十分にきれいだけどね。
ロケフリ本体にアンテナ線をつけてるわけだから、とくに面倒な操作もなく快適。ラグは仕方ないけど。

PSPで見ればQVGAだけど、PC用ソフトではVGA(640×480)で見ることもでき、その場合には少しはまともな画質で見ることができます。

一度外からのアクセスをやってみようと近所で暗号化なしの無線LAN探したけど、まともに接続できるのは見つからずに断念。この前までは自室から電波の届く範囲でcoregaの暗号化なしがあったのに、最近暗号化かけたみたいで。自室から接続テストができるのはほんとに便利だったのだがなぁ・・・。(おい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。